2016年11月16日 更新

ふるさと納税で地域の特産品をゲットしよう

地域の特産品がお得にゲットできる、ふるさと納税。「ワンストップふるさと納税特例制度」も始まり、手続きも簡単になりました。いつまでに手続きをすれば間に合うのか、お金はどういう仕組みで返ってくるのかを、ご説明します。

ふるさと納税はいつまでにすればいいの?

ふるさと納税はもうすませましたか? もしまだふるさと納税をしていないようなら、今ならまだ間に合います。

2016年のふるさと納税に間に合わせるためには、12月31日が期限となりますので、できれば11月いっぱい、遅くとも12月中旬までには手続きを済ませてしまいたいですね。オンラインなら手続きも簡単にできます。

そもそもふるさと納税ってなに?

ふるさと納税とは、日本の任意の自治体に寄附をすることです。例えば、50,000円を地方の自治体に寄附した場合、48,000円が税額控除で返ってきます。

ふるさと納税がなぜお得なのかというと、自治体から寄附に対する返礼品がもらえるのです。例えば、独身で年収500万円なら、実質2,000円で、48,000円分の返礼品を受け取ることができます。

年収や家族構成などによって、寄附できる金額には違いがありますので、シミュレーションしてみましょう。

【楽天市場】ふるさと納税|ふるさと納税はじめてガイド - 寄附金控除シミュレーション

【楽天市場】ふるさと納税|ふるさと納税はじめてガイド - 寄附金控除シミュレーション
控除される税金はいくら?いくら寄附するのがいいの?収入や家族構成によって寄附控除額の目安を計算できるシミュレータをご用意しました。寄附金額を決める際にお役立てください。

ふるさと納税の手続き

ふるさと納税の手続きができるサイトから、欲しい特産品を探して、寄附をする自治体を決めましょう。寄附する自治体が決まったら、寄附を申し込みます。

ふるさと納税をした自治体から特産品が送られてきます。特産品には「受領証」が同梱されていますので、確定申告をする場合には、この受領証が必要です。

オンラインでの申し込みなら簡単

2015年から「ワンストップふるさと納税特例制度」という制度が始まり、ふるさと納税に確定申告が不要になりました。マイナンバーカードのコピーと申請書を自治体に提出するだけでOKです。
(自営業者など一部ケースには確定申告が必要です)

2016年にふるさと納税した場合は、2017年の住民税から控除されます。住民税の控除は6月から始まります。6月から翌年5月までの1年間、毎月住民税が減額されているはずですので、ふるさと納税をした場合は確認してみましょう。

ふるさと納税ランキングふるなび 寄付で税金控除&返礼品をもらおう

ふるさと納税ランキングふるなび 寄付で税金控除&返礼品をもらおう
ふるさと納税「ふるなび」は自治体がWEBから簡単に一発寄付申請が行えます。お得な返礼品をピックアップしており、今後も自治体を追加していく予定です。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

共働きと専業主婦ではこんなに違う!税金や控除のこと☆結婚を考える前に知っておきたいお金

共働きと専業主婦ではこんなに違う!税金や控除のこと☆結婚を考える前に知っておきたいお金

共働きと専業主婦では税金面や控除がこんなに違うんです!さらに今後は制度も変わる可能性が出てきているため、夫婦で働き方について考える時期かもしれません。
軽自動車と普通自動車にかかる費用の比較!意外とかかる車の年間経費!節約術も紹介します

軽自動車と普通自動車にかかる費用の比較!意外とかかる車の年間経費!節約術も紹介します

軽自動車と普通自動車いったいどのくらいの経費の違いがあるの?比べてみるとわかる年間費用の違いをまとめました。車を乗る方は毎年かかっている費用を知っておきましょう。
賃貸か持ち家か?永遠のテーマを考えるときには固定資産税の計算も忘れずに

賃貸か持ち家か?永遠のテーマを考えるときには固定資産税の計算も忘れずに

家族を持つ人が悩む住まいに関わる税金について紹介します。賃貸にするべきか、それとも一戸建てのほうがお得かはわかりにくいものです。まずは固定資産税について比較してみましょう。
今年からはふつうの家族も「相続税」の対象に!法改正でどうなった?金額は?対策は?

今年からはふつうの家族も「相続税」の対象に!法改正でどうなった?金額は?対策は?

相続税に関する法律が変わり、一部の富裕層だけのものだったのが庶民にも影響してくる可能性があります。具体的な法の変更点、いくらぐらい課税されるかの目安を紹介します。30代にとって、実は相続は他人ごとではないのです。
医療費がかかった年は確定申告するとお金が戻ってくるかも!医療費控除のやり方とメリット

医療費がかかった年は確定申告するとお金が戻ってくるかも!医療費控除のやり方とメリット

医療費が多くかかった年には、確定申告を利用して還付金を受け取りましょう。控除を利用すると所得が減り、いいことがいっぱいなのです。具体的な医療費控除のやり方や、メリットについて紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ヨシエ ヨシエ