2015年10月20日 更新

Amazonでたまに見かける1円の本やCDの謎

Amazonで見かけることがある1円の本やCDって本当に利益があるの?と疑問を抱えている方が解消できる内容を紹介しています。販売の仕組みを知ると、業者が利益を得る方法もわかり楽しいですよ!

Amazonで売られている1円の商品

Amazon輸出コンサルティング  |  株式会社REALMS

Amazonを見てみるとたまに1円の本やDVDが売られていたりします。果たして業者は儲かるのか?という疑問が出てしまいますよね。
たまに本以外の商品も1円だったりしますが、一番多いのは書籍のようです。中古本を販売しているし、ほかのショップとの価格競争から1円なのかな?と思ってしまいます・・・。
Amazonで売られている1円商品は一度や二度くらいは利用したことがある方も多いはず。でもなぜ1円なのか疑問に思っている方も多いのでは?

実はこれ、立派なビジネスです

Amazonの本の補充はなぜ遅いのか | 飯田橋から上野へ

1円で販売しても儲かるシステムがAmazonにはあります。
仕組みはこうだ。1円本が売れると1円+送料257円がアマゾンから出品者に支払われる。ただ、アマゾンは手数料として160円(カテゴリー成約料60円+基本成約料100円)を差っ引くので、出品者の実質的な利益は97円となる。このほか、アマゾンへの販売手数料15%も引かれるが、1円本では“銭”の単位になるため、実質ゼロになる。
できるだけ送料を割安にすることで、業者は1円以上の利益を受け取る仕組みとなっています。でも業者が受け取る実質的な利益は100円前後なわけですから、購入者はありがたく利用することができるサービスとはいえそうです。
Instagram

Amazonでは配送の手間を省くため箱を統一しています。このように小さな商品でも箱の規格が決まっているため、こんなこともしょっちゅう。ネジ1本でも同じ箱で送られてきたりします。
そのようなシステムの関係上、送料は一律であることが多いようです。
文庫本1冊に対して巨大箱とか(^^;

じゃ、業者は結構儲けている?

アマゾン (Amazon) で一番最初に顧客が注文した本はなんですか? | Knoh (ノウ)

基本成約料100円と本の成約料60円と販売価格の15%が引かれた額が、実収入となります。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【お金持ちは知っている】お金と正しく向き合う方法

【お金持ちは知っている】お金と正しく向き合う方法

お金が無い!という前に、お金への向き合い方を見直してみませんか?実はお金持ちになっている人は自然と実践していることなのです。「お金を増やそう」「節約しよう」の前に、お金を有効に使うコツを知ってみましょう。
覚えておくと便利!Windowsのパソコンで使えるちょっとしたテクニック

覚えておくと便利!Windowsのパソコンで使えるちょっとしたテクニック

パソコンが普及をし、各家庭に一台が当たり前になりました。学校でパソコンを使用した授業も始まりました。そこで、Windowsで使えるちょっとしたテクニックをこっそりと紹介します。これであなたもベテランの仲間入り!?ですよ。
【捨てるなんてもったいない!】「コーヒーかす」の使い道はこんなにあった!

【捨てるなんてもったいない!】「コーヒーかす」の使い道はこんなにあった!

ドリップコーヒーを入れた後に出るコーヒーかす。捨てていませんか?実は様々な使い道がある便利アイテムだったのです。捨てるのがもったいなくなるような活用方法を紹介します。
これを混ぜるだけで本格派の味に?!カレーがおいしくなるひと手間まとめ

これを混ぜるだけで本格派の味に?!カレーがおいしくなるひと手間まとめ

カレーに入れるだけで美味しくなる隠し味を紹介します。それぞれの入れ方のコツ、仕上がる味などを参考にしてみてください。市販のカレールーにちょっと入れるだけで、プロの味に近くなりますよ!
【知らないと損】サランラップの使い道ってこんなにあった!

【知らないと損】サランラップの使い道ってこんなにあった!

サランラップは意外な使い道がたくさんあるのです!1つ持っているといろいろと活用できて便利な方法を紹介します。どこの家庭にもあるサランラップを食品以外にも使ってみませんか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ohtsuka ohtsuka