2017年11月21日 更新

日用品サンプルが貰えるお得サイト5選

新発売の日曜日があったり、気になる商品があると、一度試してみたいという方が多いのではないでしょうか?どのくらい便利なのか、使い安さなどは実際に使用してみないと分かりませんよね?また、使用する人によって、必要なのか不要なのか実感値が異なります。そこで、購入する前に一度商品を試せる方法として、各メーカーのキャンペーンを利用して、お得に試供品を貰いましょう。今回は、日用品サンプルを試供品キャンペーンを行っている5サイトをご紹介します。

花王 kao

日用品のメーカーとして有名な「花王」は、1887年「長瀬商店」として創業しました。始めは洋小間物商として、石けんや輸入文具を販売したのが始まりでした。

それから、輸入石けんのクオリティに負けない、国産の「花王石けん」が作られました。現在では、需要が固形石けんから、液体石けんや泡石けんに形を変えて製品が発売されています。

その他にも、石けん技術を応用したハンドソープ、ボディソープ、食器洗剤、洗濯洗剤、シャンプー・リンス、歯磨き粉など、洗うことに特化した石けん製品がラインナップされています。

また、石けんに留まらず、スキンケア、掃除用品、おむつ、清汗デオドラント、健康飲料など様々な分野やジャンルの製品を発売している企業です。こちらの、「花王」では、自社製品のホームページで、「プレゼント&キャンペーン」を行っています。

そのプレゼント&キャンペーン商品は、自社のバスバブル商品や、食器洗剤、ナプキン、おむつ、歯磨き粉など期間限定で、応募キャンペーンを行っています。新発売の商品なども試せるので、とても人気のある企画です。

特に、応募人数が多いキャンペーンは当選確率が高かったり、応募者全員が貰えるキャンペーンを行っているので、その都度チェックされることをおすすめします。

ユースキン製薬株式会社

1955年3月に創業、同月に「瑞穂化学工業株式会社」を設立しました。「ユースキン製薬株式会社」の経営理念は、お客様の目線に立ち、人と社会への「うるおい」を提供する会社として設立されました。「ユースキンA」は会社設立2年後1957に製品化されて発売されました。

ユースキンAは手荒れの原因、“ひびわれ”、“しもやけ”、“あかぎれ”などをケアするクリームです。油分が強いので、乾燥肌の方にはピッタリなクリームです。特に、寝る前の3分のケアをおすすめしています。こちらの企業は、「ユースキンA」の製品の他にも、スキンケアクリームなどの姉妹ブランドもあり、そちらも無料のキャンペーンなどを行っていて、応募者抽選で無料でサンプルが貰えます。

ハンドクリームはいくつあっても便利ですし、今までユースキンAを使用したことがない方なども無料でサンプルが貰えるチャンスです。

カネボウ kanebo

「カネボウ」は1887年5月6日に「東京綿商社」として設立しました。綿の商社から始まったカネボウは、1889年に紡績工場操業開始しました。イメージの強い現在の化粧品やスキンケア関連の商品が初めて発売されたのは、1936年に蚕のさなぎから抽出した油から作られた「鐘紡絹石鹸」です。

最高級品として、国内はもとより、海外へも輸出が行われていました。化粧品が本格的に販売を開始したのが、1967年に「カネボウ化粧品販売株式会社」が東京の銀座に設立されてからです。現在は化粧品に限らすライフスタイルの暮らしに関連する商品を開発・販売しています。

化粧品のプレゼントキャンペーンなどを行っていて、無料で化粧品などのサンプルを貰うことが可能です。有名メーカーの化粧品なので、一度は試してみても損がないのでおすすめです。

再春館製薬所 ドモホルンリンクル

1932年に設立されたのが、「再春館製薬所」です。初めて発売されたのは「痛散湯」と呼ばれる生薬処方の医薬品でした。1974年に日本で初めてのコラーゲンを配合した美容クリーム「ドモホルンリンクル」の開発に成功し、1976年にはコラーゲン20%と高配合した「ドモホルンリンクルクリーム20」が発売されました。

一昔前は、エイジングケアでの利用イメージが強かったのですが、最近ではキャッチコピーにあるように30代からのスキンケアとして販売されています。徹底的な品質管理にこだわったスキンケア商品が30代からアッパー層に強く支持されています。

スキンケアのお悩みを持っている方におすすめなのが、再春館製薬所の「ドモホルンリンクル」のスキンケアがお試しできるキャンペーンです。高品質な化粧品が試せる人気のキャンペーンです。

資生堂

資生堂の前進である「資生堂薬局」は、1872年9月17日に日本で初めて“洋風調剤薬局”として創業しました。自社で発売を開始したのが「育毛剤」です。そこから資生堂の主力商品の化粧品業界に進出したのは1897年のことです。

1902年には、銀座の資生堂薬局内に後の資生堂パーラーになる「ソーダファウンテン」と呼ばれる、アイスクリームとソーダ水の製造販売を行う施設を開設しました。新しい発想で時代のトレンドをリードしてきた会社でもあります。資生堂では、化粧品の他、シャンプー、制汗剤、整髪料などを発売しています。

こちらの資生堂では、「watashi+ ワタシプラス」と呼ばれるWEBサイトを運営していてサンプルのキャンペーンやモニタープレゼントなどを行っています。抽選人数が大規模なので、当選確立が高いのが人気な理由のひとつです。
15 件

この記事のキュレーター

haloct haloct